京都・大阪・神戸 ThinkBuzan公認講師のマインドマップ講座

マインドマップ共同開発者 バリー・ブザン

トニーの弟バリー・ブザン

トニー・ブザンの弟バリー・ブザンも,マインドマップの開発には深く関わっています。
トニーが教育の現場での活用をメインに考えている一方で,バリーは自身の仕事の現場での活用を主にしていました。
大量の情報を整理しまとめること,講義・スピーチ内容を考えること,次の本の執筆内容を考えること…こういったことにマインドマップを活用してきました。
多くの人から「その若さで,なぜそれだけの業績を残すことができたのか?」と問われるほどだと言います。

マインドマップに概要をかき出すと,要点の相互関係が一目瞭然になる。頭の中で思考する過程と,それを言葉にして紙に書くプロセスの中間段階として,マインドマップはことのほか便利だったのである。(『新版 ザ・マインドマップ』序章)

ここに引用した文のように,バリー・ブザンにとって,思考ツールとして欠かせないものがマインドマップだったということです。 旧版,新版を問わず,『ザ・マインドマップ』を出版するに当たって,トニーはバリーと真剣かつ頻繁に意見交換をし,さらにより良い物に練り上げていったそうです。マインドマップの誕生,発展にはバリーの存在が非常に大きな物だったのがよくわかります。

目次に戻る マインドマップとは?
前の記事を読む マインドマップ誕生秘話 トニー・ブザン
次の記事を読む 2章 脳の不思議  脳の驚異 スペリー博士の発見(右脳と左脳)

 

参考図書『新版 ザ・マインドマップ(R)

マインドマップとは?

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
マインドマップのアイアビリティーズ > マインドマップとは? > マインドマップ共同開発者 バリー・ブザン
  • facebook
  • twitter

メルマガ「1日1粒!『幸せのタネ』」毎日配信

メルマガ購読・解除
 
PAGETOP
Copyright © アイアビリティーズ All Rights Reserved.