京都・大阪・神戸 ThinkBuzan公認講師のマインドマップ講座

セントラル・イメージ

ここから始める セントラル・イメージ

ci-04
マインドマップは中心から周辺に向かって伸びていくという特徴があります。
まずスタートは真ん中にイメージを描くことから始まります。
自分が書こうと思うマインドマップのテーマやトピックから,しっかりとイメージを思い浮かべましょう。
そのイメージを,横長に置いた紙の中心にカラフルにかいていきます。色は3色以上使います。
カラフルなイメージが,脳を刺激するのです。

イメージ(絵)にしにくいテーマのときは?

ci-01
でも,絵は苦手で…という場合もあるでしょう。
絵にしにくいテーマのときもあるかもしれません。

ci-03
そういう時は,文字や図形,記号を組み合わせるというのもいいでしょう。
単純に「6/1 To Do」と黒のペンで書いて囲むよりも,ペンの色を変えて書くだけでずいぶん雰囲気が変わりますね。

ci-02
もう少し工夫をして貼り紙風にしてみましたがどうでしょう?

セントラル・イメージの大きさ

大きさは,A4サイズの紙にマインドマップをかく場合は,おおよそ4〜5センチぐらいのサイズを目安にするといいでしょう。
握りこぶしを置いてみるとちょうどいいくらいです。
あまりに小さいとブランチを出しにくいし,テーマが分かりにくくなります。
逆に大きすぎると,ブランチを伸ばすスペースが少なくなります。

(確認)セントラル・イメージの描き方

マインドマップの最初のステップ
テーマを表すイメージを描く
3色以上使ってできるだけカラフルに

目次に戻る マインドマップとは?
前の記事を読む マインドマップをかくための道具
次の記事を読む ブランチを伸ばす(1) メイン・ブランチと基本アイデア

参考図書『新版 ザ・マインドマップ(R)

マインドマップとは?

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

メルマガ「1日1粒!『幸せのタネ』」毎日配信

メルマガ購読・解除
 
PAGETOP
Copyright © アイアビリティーズ All Rights Reserved.