京都・大阪・神戸 ThinkBuzan公認講師のマインドマップ講座

第3回 食べ物やキッチン雑貨を描こう 6月16日(月)

第3回 食べ物やキッチン雑貨を描こう

nhkbp-03第3回のテーマは「食べ物やキッチン雑貨を描こう」です。

食べ物やキッチン雑貨は,「美味しかった〜」という気持ちを残したい時や,あるいは「レシピ」マインドマップを描くのには必須。

番組では,最初に「目玉焼き」を描くところから始まりますが,
少しいびつに描く
料理の縁取りに「青」「水色」を使うと冷たく感じるので,暖色系の色を使う
というコツの紹介がありました。

その後は野菜・果物等,ゲストのお2人が好きなものをピックアップして,実物を見ながら描きます。
それを見て,また講師からの評価。
例えばニンジンだと,きちんと描くよりも,「本体は△で割り切る」「葉っぱはまとめて描く」というある程度の簡略化というコツが紹介されました。
この「簡略化」は,何でも省く…のではなく,例えばサヤエンドウだと,ちゃんと「へた(帽子)」の部分は描いた上で,簡単に描くということで,「要素」は省かないというのがコツだなぁと思いました。
トウモロコシ,ラディッシュ,桃など,先生が実際に描いてみせてくれるのですが,こういうのはテレビ番組のいいところですね。
実際に手元が見られるので,本を見ながら練習するよりずっとよくわかります。

キッチン用品の描き方も紹介された後は,ラベル作りに挑戦。
瓶詰めなどに,「中味が何か?」を示すのに,「ピクルス」と書くより,確かにイラスト入りだと分かりやすいし楽しい。
良いですね,こういう「遊び心」。

続いて,スイーツのイラストに挑戦。プリンアラモードでしたが…これは大変!描くものがたくさんあります。
ここではボリュームをいかに見せるか?というコツが紹介されました。
生クリームのあふれるような描写は「思い切りの良さ」というコツかもしれません。

その他,料理の描写で「パスタは3本ずつの線で表す」というのは分かりやすくて良かったです。

今回のポイント!

・形をいかに簡略化するか
・ボリュームをうまく見せる
・レシピ帳など応用範囲は広い

イントロダクションに戻る

マインドマップとは?

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

メルマガ「1日1粒!『幸せのタネ』」毎日配信

メルマガ購読・解除
 
PAGETOP
Copyright © アイアビリティーズ All Rights Reserved.