京都・大阪・神戸 ThinkBuzan公認講師のマインドマップ講座

マインドマップをかくための道具

マインドマップをかいてみたい!

マインドマップをかいてみたい…と興味を持ってくださった方。
是非,ぜひ,かいてみてください。
実際にかいてみることが一番です。
これはどんなことにも通じますね。

でも,いきなりかこうとしても,
「どこから手を付けたらいいのやら」
というのが本音だと思います。

ここからは「マインドマップのかき方」をステップ毎に解説をしていきます。

道具を用意しよう

まずは,道具を用意しましょう。
といっても,マインドマップに必要な道具はとても簡単。
ペンです。

note
紙は,最初はA4サイズが良いでしょう。
ベストはA4サイズの無地のノートです。
コクヨのA4無地ノートでしたら,1冊200円ちょっとで手に入ります。
紙質が良くて,マインドマップを描く人たちに人気があるのはマルマンのニーモシネのノートです。
こちらは定価900円+税ということでちょっとお高いのですが,人気があるだけのことはあります。
とってもかきやすいノートです。
意外なことに,コピー用紙も人気があります。ちゃんとファイルしないとどこかに行ってしまう…という欠点はありますが,とりあえず試しにかいてみるならコピー用紙を2〜3枚用意してみるのもいいですね。

 

pens次にペン。できれば10色以上のカラーペンを用意しましょう。
マインドマップの特徴の1つは,色をたくさん使うことですから,カラーペンは必須です。
色んなカラーペンがありますが,入手しやすくて使いやすいのは,三菱「Pure Color F」の12色セットでしょう。
大きめの文具店だと揃えているでしょうし,通販でも入手しやすいでしょう。
私は他にステッドラーのトリプラス・ファインライナーというセットを使っています。
こちらは細字ですが,ゆっくり丁寧にかく時には良いですね。
他に色鉛筆もあると楽しくなります。12色の色鉛筆のセットならどのご家庭にでもあると思いますが,それで十分です。
(色鉛筆もカラーペンも使っているうちに,どんどん色が欲しくなりますが…)penimage

(確認)準備するもの

A4以上の無地の紙(ノート・コピー用紙)
10色以上のカラーペン
色鉛筆

(平成27年9月9日追記)
カラーペンに関して,ブログ記事をアップしています。
(平成27年9月13日追記)
紙とペンに関して,ブログ記事をアップしています。
ニーモシネ(A4・無地)ステッドラートリプラスファインライナーです。

目次に戻る マインドマップとは?
前の記事を読む ホールブレイン(全脳)思考 右脳と左脳を全てフル活用
次の記事を読む セントラル・イメージ

参考図書『新版 ザ・マインドマップ(R)

マインドマップとは?

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

メルマガ「1日1粒!『幸せのタネ』」毎日配信

メルマガ購読・解除
 
PAGETOP
Copyright © アイアビリティーズ All Rights Reserved.